福岡県筑紫野市に伝わる郷土料理を、家庭で手軽に作れるよう、料理研究家の山際千津枝さんがアレンジしました。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (4~6人分)

もち米
2カップ
320ml
はかた地どりモモ肉
200g
干しシイタケ
2枚
深ネギ
1本
タマネギ
1/2個
ピンクのカマボコ
1/2本
ニンジン
1/2本
鶏ガラスープ(水+スープの素大さじ1)
4カップ
砂糖
大さじ1
薄口しょう油
大さじ2
濃口しょう油
大さじ1
小さじ1/3
片栗粉
大さじ2
大さじ4

作り方

  1. もち米を洗い、水に1時間つけておく。炊く前に水を切って炊飯器に入れ、分量の水を加えて普通に炊く。
  2. 鶏肉を1センチ角に切る。タマネギは1センチ幅のくし切りにしてほぐす。
  3. ニンジンとカマボコは短冊切り、干しシイタケは戻してせん切りにしておく。
  4. ネギの白い部分は1センチの小口切り、青いところは裏のぬめりをこそげ取り、小口切りにしておく。
  5. 鍋に鶏ガラスープを沸騰させ、鶏肉を入れてタマネギ、ネギの白い部分、ニンジン、干しシイタケ、カマボコを加える。
  6. 砂糖、塩、薄口しょう油、濃口しょう油で味つけし、材料が柔らかくなったら水溶き片栗粉でトロミを付ける。
  7. 深皿におこわをつぎ、鶏のスープをたっぷりかけてネギの青みを添える。