「博多水炊き」は白く濁ったスープを味わいながら野菜やお肉をたっぷりといただくヘルシーな郷土料理です。 おだしの効いたスープに野菜や肉をたっぷりと入れ煮て、大根おろしとポン酢醤油でいただきます。 しめは旨みがたっぷりつまったスープで雑炊♪

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料

■スープ
・鶏肉(ムネ、モモ、骨付き手羽元、手羽先、などお好きなもの)
1枚か200gくらい
・水
カップ3(600cc)
・昆布
5cm
■具
・豚肉薄切りや鳥団子(モモ、ロース、肩バラ、などお好みで)
200g~300g
・キャベツ(まはた白菜などお好みで)
1/4~1/2個
・キノコ(お好きなもの。シメジ、椎茸、エノキなど)
好きなだけ
・木綿豆腐(レンジで5分チンして水切りをしておく)
1丁
・水菜(なくてもよい)
適量
・春雨(マロニーや葛きりなどでも)
適量(なくてもよい)
■つけタレ
・ポン酢醤油
適量
・大根おろし
適量
・お好きな薬味(ネギや七味唐辛子など)
適量
■雑炊用
・ご飯
茶碗1杯
・溶き卵
1個分
・醤油、塩
適量
クックパー®煮もの・煮こみ すっきりシート
1枚

作り方

  1. まずスープを準備します。鍋に布巾などでふいた昆布を入れて水カップ3を注ぎ半日以上つけておく。半日以上たったら、 鍋を火にかけ沸騰直前に昆布をとりだす。
  2. 鶏肉を食べやすい大きさに切り鍋の中に入れ、クックパー®煮もの・煮こみ すっきりシートをのせる。 弱火で鍋フタをしグツグツと4時間ほど煮込む。(水分を足しながら)煮込み終わったらシートを菜ばしなどで取り出す。透明なスープが完成♪
  3. 具材の準備をする。 キャベツ(白菜)や水菜はよく洗って、食べやすい大きさに切りザルにあげて水気を切っておく。 お豆腐はレンジで5分チンして余分な水気を切っておく。キノコ類を食べやすい大きさにきっておく。 豚肉も食べやすい大きさに切る。
  4. つけタレを用意する。大根おろしをすり、ネギは小口切りにする。つけタレ用の器を人数分用意し、つけタレを作っておく。
  5. 卓上コンロの上に鍋(鶏肉とそのスープのはいった)を用意し、強火で一度煮立たせる。煮立ったら具材を投入し
  6. 具材が煮えたら、用意しておいたつけタレにつけながら、いただきます♪
  7. 具材を食べ終わったら、一度火を止め、ご飯を鍋に入れる。 火をつけ一度煮立ったら、よくときほぐした卵を満遍なくかけ、フタをして弱火にし自分の好きな加減まで火を通す。最後にフタをとり、味を見て、醤油と塩一つまみで味つけをしたらできあがり。
  8. 雑炊♪美味しいよね♪
  9. 福岡の実家では、鶏肉は博多華み鳥、豚肉は薩摩黒豚を好んで使います。華み鳥は煮てもとてもやわらかく子供に大好評。黒豚はうまみとコクのバランスが最高です。お勧めです♪博多ではキャベツを使用しますが、白菜も甘くって柔らかくってお勧めです♪