宮崎県の飫肥という所の、豆腐と魚のすり身で作った天ぷらの事。おだやかな落ち着いた城下町飫肥には、なぜか豆腐や麦味噌を使った料理が多いですね。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (4)

いわしやあじなどの魚のすり身
300g
木綿豆腐
一丁
たまご
1個
しょうが
10g
小さじ1
しょうゆ
大さじ1
みそ
大さじ1
大さじ1
さとう
大さじ4
片栗粉
大さじ3
■揚げ油

作り方

  1. 豆腐は水を切って固く絞る。しょうがは、みじん切りにしておく。魚はおろして骨をとり、すりばちでよくすりつぶす。
  2. 1に麦味噌をいれよくすりつぶす。そこへさとう、さけ、みりん しょうゆ 塩 しょうがのみじん切り 溶き卵、片栗粉をいれて、さらに混ぜる。
  3. 2に、固く絞った豆腐をいれて、よくすりつぶす。
  4. 揚げ油を熱して、少し低めの温度で、3を小判型に形をととのえながら、ゆっくり揚げる。
  5. これは飫肥から買ってきたお土産用の飫肥天です。色が薄く仕上がっていてきれい♪