鹿児島県の郷土料理で、伝統的なまぜご飯です。

※お料理の際には、火傷や怪我、火の元に十分ご注意を払ってくだるようお願いいたします。

材料 (4人分)

280g
2 1/4カップ
干ししいたけ
2枚
干しきくらげ
2枚
干し大根
5本
ごぼう
50g
人参
100g
たけのこ
50g
さつまあげ
30g
かまぼこ
50g
薄焼き卵
100g
さやえんどう
15g
紅生姜
15g
木の芽
適量
■調味料A
砂糖
大さじ1/2
薄口醤油
大さじ1
みりん
大さじ1/2
■調味料B
砂糖
大さじ1
薄口醤油
大さじ1
■合わせ酢
大さじ3
砂糖
大さじ2
小さじ4/5
地酒
1/2カップ

作り方

  1. 米は洗ってざるに上げ、固めに炊き、桶にとりあげ、合わせ酢をふりかけて切るように混ぜて冷ます。
  2. 干ししいたけ、きくらげはもどして、つけ汁をひたひたに加え、水煮してからAを加えて煮詰め、千切りにする。
  3. 干し大根はぬるま湯でもどし、ごぼうはささがきにして水につけ、あく抜きする。
  4. 干し大根、人参、たけのこは1cm角の薄切りにする。
  5. ひたひたのだし汁でごぼうを煮て、たけのこ、人参、干し大根を加えて、Bで薄めの味付けをする。
  6. さつまあげ、かまぼこは1cmの短冊の薄切りにして、地酒を加えてさっと火を通す。
  7. 薄焼き卵は4cm長さの錦糸卵にする。
  8. さやえんどうは青く茹でて千切り、紅生姜も千切りにする。
  9. すし飯に具を混ぜて地酒をふり、よく混ぜる。
  10. ⑨を器に盛り、錦糸卵、さやえんどう、紅生姜、木の芽をよく飾る。